インターホン交換.net

インターホンを交換する時にチェックしたいこと

[PR]

インターホンの交換をプロに依頼しよう
施工価格がリーズナブル♪

インターホンが激安価格で購入可能☆
最良の製品を見つけよう!

インターホンを交換しよう

レディ

あって当たり前なインターホン

玄関に備え付けられているインターホン。一昔前までの家なら玄関チャイムが主流でしたが、インターホンは誰が来たのかが分かるので防犯面において安心できるというメリットがあります。そういったことから近年では一戸建てだけではなく、マンションやアパート等の集合住宅にも住居設備の通常オプションとして用いられるようになりました。

インターホンの歴史とは

インターホンの歴史はそう深くはありません。欧米で業務用として開発されたものが一般家庭用に普及し始めたのは1950年代からで、日本では昭和後期から注目され始めました。当初は互いにボタンを押し続けないと会話できませんでしたが、やがて一度押しただけで相手の声を聞けるようになり、モニター付きインターホンが登場したり・・・と、時代と共に進化していったのです。

常に進化し続ける

インターホンは今もなお進化を続けています。画面モニター付き・ハンズフリーで話せるといった機能面だけではなく、集合住宅ではエントランスのオートロック機能と併せて「防犯の二重化」が出来るので、住居設備の中でもとても人気が高いです。また、インターホンは業者に依頼すれば取付も簡単に出来ます。このことから気軽に出来る防犯対策としても注目されているのです。

インターホンを交換したい

時代と共に進化を続けているインターホン。いま住んでいる住居のインターホンを交換したい!と考えている人もいるのではないでしょうか。インターホンを取り付けるには専門の業者に頼むが一番手っ取り早く安心できますが、依頼する際に気を付けたいことを見てみましょう。

インターホンの交換に関する豆知識

インターホンにはどんな種類がある?

住居用として考えると、呼び出し・通話機能のみの「インターホン」、画面から相手の顔を確認できる「モニター付きインターホン」、セキュリティ機能が搭載された「セキュリティ付きインターホン」の3種類に分けられます。

インターホンの選び方は?

大まかに3つのタイプがあるインターホンですが、まずは必要な機能が備わっているかをチェックしましょう。シンプルなものにするのか、録画機能や住居設備と連携できるセキュリティ機能がついているか・・・等、必要に応じたものを選ぶのがポイントです。

交換は業者に頼まないといけないの?

乾電池タイプ・ワイヤレスタイプなら設置工事が不要ですが、そうでない場合は電気工事の資格を持つ専門業者に依頼する必要があります。自分で設置する際はインターホンを激安で販売しているサイト等を利用すれば、気軽且つお得に交換できます。

賃貸物件に住んでいるけど、勝手に変えていい?

賃貸物件に備え付けられている設備を変えたい場合は、管理会社や大家さんに確認を取らなければいけません。退去時に元通りに戻さなければいけない場合があります。インターホンの種類によっては工事が必要になるものもあるため、トラブルを避けるためにも確認は必ずしましょう。

インターホンの交換時期は?

集合住宅用のインターホンの寿命は、おおよそ15年程度と言われています。メーカーや商品によっては消耗部品の生産を終了してしまうケースもあるので、不調だなと感じたら購入先やメーカー、専門業者へ問い合わせて交換が必要か聞くことをおすすめします。